上肢機能協調性評価機器 TraceCoder[トレースコーダー]
上肢協調性評価 リハビリの経過をその場ですぐに数値化・確認可能
打点、トレース、指標追跡など幅広い検査方法をサポート
back
next
タブレットPCを用いた上肢機能協調性評価機器

上肢協調性評価の検査では、あらかじめプリントされた幾何学系のパターンを患者様がなぞり、どれだけ元のパターンに追随して図形を描けるかといった検査があります。このほど弊社がご提案する「 Trace Coder™ 」は、この検査をソフトウェア化し、タブレット端末を利用して測定できるように開発されたものです。データ測定やスコア化などの解析、患者様への検査結果即時提示などあらゆる面で上肢協調性評価を支援します。

医療従事者様のメリット

リハビリの経過をその場ですぐに確認が可能

患者様別に簡単に過去データを呼び出すことができるため、リハビリ進捗の経過観察がその場で行えます。経過の把握がすぐに行えますから、新しく検査を行うたびに今後の方針を立てるお役に立ちます。

測る手間をなくし時間短縮

従来の用紙にプリントした図形をなぞる検査では、元図形との乖離幅を求めることは手間と時間がかかっていました。本製品では基本図形との乖離幅などは自動で計算されるため測定の手間が不要になり、大幅な時間短縮が可能です。

タブレット端末で定量評価が可能

紙による管理からデータによる管理に変わるため、検査結果の保存、閲覧、呼び出しが容易に行えるようになり、客観的な定量評価が出来ます。
患者様のメリット

検査結果をその場ですぐに数値化・確認可能

紙による管理からデータによる管理に変わるため、検査結果の保存、閲覧、呼び出しが容易に行えるようになり、客観的な定量評価が出来ます。

すぐに確認できるためモチベーションアップに

総合スコアの変化をすぐに確認できるため、患者様のモチベーションアップにつながります。
製品の説明
OS Windows8 pro
サイズ 275mm x 173mm x 14mm
重量 907g
解像度 10.6インチ / 1920 x 1080
オプション カメラ
テンキー
サーバーシステム
検査の種類
打点検査

打点検査
基準の円の中心へ向け、直上10cmからペンを振り下ろし、入力座標と円中心部の乖離幅を算出する検査

トレース検査

トレース検査
基線(直線、方形波、正弦波、三角波、円)から任意の図形を選択し、基線をペンで被験者がなぞり、基線と入力座標の乖離幅を算出する検査

線引き検査

線引き検査
縦方向に描画された2直線間を結ぶ検査
本検査では主に測定障害を検査することができる

指標追跡検査

指標追跡検査
基線(直線、方形波、正弦波、三角波、円)から任意の図形を選択。選択した基線上を動体マーカーが秒速10mm程度で移動する為、被験者が動体マーカーを追従するよう基線をなぞり動体マーカーと入力座標の乖離幅を算出する検査

検査結果
結果画面

検査結果は検査終了後すぐに結果画面にて表示されます。検査結果データの保存や最大乖離幅の数値化以外にも、乖離幅時系列グラフやヒストグラム、レーダーチャートでも検査結果を表示するため、患者様の傾向などが一目で分かります。検査ごとに蓄積されたデータを基に多方向の評価を行うことが可能です。結果をすぐに患者様へ提示することで、リハビリのモチベーションアップにもつながります。

乖離幅時系列グラフ 時間軸をX軸、乖離幅をY軸としてグラフ
ヒストグラム ヒストグラムで乖離幅のバラツキを視覚的に表示
周波数解析 フーリエ変換を用い、乖離幅の傾向を表示
筆圧時時系列グラフ 専用スタイラスから入力される筆圧量を表示
累計乖離幅率 乖離幅率を積算したグラフ
レーダーチャート 乖離幅の標準偏差、中央値、最大値、平均値、スコアをレーダーチャート形式で表示し、過去との比較が容易に行える
検査動画再生画面

データベース化された情報の管理が行えるため、患者様ごとのデータ呼び出しや保存が簡単に行えます。また、新たな検査の実施時などでは、過去データを利用しての新規テスト入力補助、タッチ式で選ぶだけの入力補助など業務の簡素化、効率化を実現しています。タブレット端末を利用した検査ですから、機器の持ち運びも簡便で患者様も扱いやすく、例えば病床など診療室外での検査も行えます。

※ Microsoft、Windows 8は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。